他人の体臭のワキガが気になったこと

ワキガの臭いとは、非常にきついものです。
私の人生の中には、何にもこのワキガの人に出会った経験がありますが、この匂いを持った人というのは自分でも気づかないことが多いそうなのです。

ワキガの臭いというのは、アポクリン線が発達しているために、起こることだといわれています。
ただ、やはりエチケットのためにも改善しておいた方が良いのではないかと私は思うのです。

この間も、買い物をしている時にスーパーでワキガの人がいたのです。
そこは食品売り場でしたので、ワキガの臭いを嗅いでしまうとその人の居た場所の商品をどうしても購入したくないと思ってしまいました。
もちろん、ワキガでその商品が不衛生になってしまうということでもないのですが、気持ち的に食べ物であるとそれを食べたくないという気持ちになってしまうのです。

photo

このように、ワキガというのはかなり迷惑なのではないかと思います。
こういった体質の方は、本当に可哀想だと思うのですが、できれば積極的に改善したほうが良いと私は思っています。

 

体質は簡単に変えられない……しかし臭いを抑える努力はできる

ワキガは体質であり、改善しようと思っても簡単にはいきません。
もちろん、普段の生活ぶりで多少は緩和させられるかもしれませんが、根本的に改善しようとなると手術という事になってしまいます。
当然、高額の費用がかかりますし、術後のリスクも全くないわけではありません。

しかし、だからといって何もせず放置するよりは、専用のクリームなどで極力臭いを抑えた方が良いでしょう。
商品によって値段に差はありますが、少なくとも手術ほど高額ではありませんので、継続使用しやすくなっています。

母親の口臭が気になります

私は、自分の母親の口臭が最近キツくなってきている事が気になります。

以前は特に気になりませんでした。
電車で並んで座っていて会話をしていても、口臭に関して気になる事は全くなかったのですが、最近は並んで座っていて会話をしていると、なんだか臭いのです。
最初は、どこから臭っているのかわからず、最初は自分の口臭が臭いのではないかと思い、自分を疑ってしまいました。

しかし、母親がしゃべるときに、気になる臭いがしてくる事に気がつきました。
それからは、家に居る時にも、携帯電話の操作方法を教えている時に顔を近づけて話す事があり、話していると、やはり口臭が気になります。

photo

でも、母親は臭いにキツいものなどを食べるのを元々嫌がる人なので、食べ物でその口臭がしてくるという可能性はありません。
母親に、口臭の事を言っていいのか、言うとショックを受ける事は分かっています。

もしも、体の調子が悪いのが口臭として現れていたらと思うと、伝えてあげるべきなのかと、悩んでしまいます。

 

口臭は体質・体調の変化のサインでもある

以前は気にならなかったのに、急に臭うようになった……という事はよくあります。
お母様は臭いのきつい食べ物を好まないとの事ですので、体質・体調の変化の可能性が大きいと考えられます。

もっとも考えられるのは加齢でしょう。
加齢臭は男性のものという印象が強いようですが、女性にも加齢臭はあります。
口臭はその代表例の1つであり、年齢を重ねるにつれて口臭が強くなる事は珍しくありません。

そして、おっしゃる通り、何らかの病気のサインである可能性も否定しきれません。
しかし、だからといって口臭を指摘するのも気が引けてしまいますよね。
普段の会話の中でさりげなく「体の調子が悪いと口が臭くなる事があるんだって」と話題に触れてみるといいかもしれません。

食べ物ではなく飲み物でも口臭が!

自分の臭いって自分ではなかなか気づかない・わからないらしいですね。
あと、日本人は海外の人に比べて臭いに敏感なんだとか。
消臭系のCMも多いですし、隣の家の柔軟剤の香りがきついとクレームがあるなどといった報道を聞いたこともあります。
自分の臭いも気になりますが、他人の臭いの方がやっぱり気になってしまいます。

仕事でわからないことがあった時に上司の人に教えてもらうことがありました。
そのとき、その人はコーヒーを飲んでいらっしゃったのですが、コーヒーを飲んだ時の口臭って結構臭うんだ・・・と感じたことがあります。

photo

飲み物は食べ物ではないので臭いはそんなにつかないと思っていたのですが、意外と臭いが口の中に残ってしまうんですね。
その上司は毎日のようにコーヒー片手に仕事をしているような人だったので、気にはなりましたが指摘することもできないのでただただ我慢するだけでした。

でも自分も口臭が実はきついのかもしれないと他人を見て感じることはありますよね。
気をつけていきたいと思っています。

 

親しまれているけれど口臭の原因になりやすいコーヒー……しかし対策は簡単

確かに、口臭がきつくなる原因として、臭いの強い“食べ物”を連想する人が多いでしょう。
ところが、日本人の生活にすっかり浸透しきったコーヒーも、口臭をきつくする存在として有名になりつつあります。

コーヒーは口の中を乾きやすくする効果があり、また舌にコーヒーの粒子が残りやすい事から、必然的に臭いが発生しやすいわけです。
逆に考えると、口の中が潤っていたり、コーヒーの粒子が残らなければ、臭いを抑える事ができるのです。
コーヒーを飲んだ後は水で口を軽くゆすぐなどすれば、簡単に対策できます。

酷い口臭に周りの人達が、迷惑しています。

私は接客業をしているので自分の口臭には、気をつけているつもりです。
食後はデンタルリンスでうがいをしてから、ガムやフリスクで口臭を消すようにしています。
店員の口が臭かったら、売り上げも下がってしまいますからね。

photo

職場の事務所に、口臭がきつ過ぎる女性が一人います。
その女性は毎日マスクをしているのですが少し話をしただけで、もぁ〜っとなんとも言えない悪臭がしてきます。
60歳を過ぎているので、もしかしたら歯槽膿漏か歯周病が進行しているのかもしれませんね。
そう言えばこの間その女性の笑顔を見たら、前歯が一本も無くなっていました。

休憩室で皆とワイワイ楽しくおしゃべりをしている時に、その女性が入ってくるともう最悪です。
皆一斉に、無口になってしまいます。
その女性はマシンガントークなので、口臭が広がるスピードはかなり速いです。
お弁当を食べている時だと、本当に迷惑なんですよね。
自分の口臭に早く気が付いて、改善して欲しいと願っています。

 

口臭は指摘しづらい……しかし放置し続けるのも苦痛

これは、なかなか難しいケースですね。

大抵の人は、他人に対して口臭・体臭など指摘するのをためらう傾向にあります。
家族ですら言いにくいのに、職場……しかも年齢的に上の立場であろう人に対してストレートに指摘する勇気のある人は、そうそう居ないでしょう。

前歯がなくなっているとの事で、口内に疾患があり、それが原因で口臭がきつくなっているという可能性は十分に考えられます。
また、別の病気を患っており、それが口臭に直結しているという可能性も少なくありません。
いずれにせよ、何とか解決しなければ、投稿者の方を含む従業員が苦痛を伴い続けてしまいますね。

徹夜をすると体臭がきつくなります

普段自分の体臭が気になるということはほとんどなく、あるとしてもたくさん運動をしてたくさん汗をかいた後やお店で焼肉や韓国料理など刺激のある物を食べた後程度です。
その場合でも大抵その後のケアとしてデオドラントやブレスケア製品を持ち歩いていたり、人に会わずに早く帰宅したりなどしているので特別体臭を気にすることはありません。

ただ私の場合は意図せずに体臭が気になる時があって、そんな時はとても不安になってしまいます。
具体的には身体の調子が悪くなってしまった時と、徹夜をして疲労がたまっている時に体臭がきつくなっていると感じる場合があります。

photo

徹夜するのは仕事の場合と遊びの場合がありますが、特にストレスなく遊んでいる時にはあまり体臭を気にすることはないです。
緊張しながらであったり、ストレスを抱えながら遊ぶと翌朝から体臭が気になり、仕事はやはりすっかり疲れてしまった時に体臭が気になります。

体調が悪い時に人に会うのはもちろん、仕事で徹夜をしてからシャワー等浴びず人に会うことは避けたいなと思います。

 

体臭は不健康のサインとも言われる……疲労や体調不良も要注意

これまで、食べ物や生活習慣による体臭の例を紹介してきました。
もちろん、食事内容や不衛生が体臭に直結しているのは事実です。
しかし、体臭の原因はこれだけではありません。

あまり知られていないかもしれませんが、体の不調も体臭に表れる事があるんです。
今回のように徹夜で仕事をしていたとか、体調が悪かったりすると体臭が強くなる傾向があります。

これは、疲労などで内臓が弱っており、そのサインとして臭いを発している可能性があります。
日頃から食事や衛生面に気を遣っているのに気になる……という人は、健康面にも気を配ると良いでしょう。

父の加齢臭が家に広がっている気がして気になる。

家にいる時、なんか臭いなと感じることがあります。
それは、同じ屋根の下に住んでいる両親、特に父の匂いです。

photo

いわゆる加齢臭というものなのでしょうが、それが部屋の匂いになってしまっているので、家全体に広がるような気がしてなりません。
スプレー式の消臭剤を使用したりして対処はしているのですが、やはり根本的に毎日出てくる体臭ですので、落ち着くことはありません。

身内ということで指摘しても良いとは思うのですが、ちょっと気が引けるというか、そんな感じですね。
絶対に我慢できないかと言われるとそうではないので、もう慣れるしかないのでしょうか。

家の匂いというのは、やはりその家のイメージを付けてしまう一つの要素になってしまいます。
友人等を家に招くとき、その加齢臭によって悪い印象を与えているのではないかと思ってしまいます。
もっとたくさん消臭剤を使えば良いのかどうか、悩んでいるところです。

身内とはいえ、人の匂いは気になります。
体を清潔に保つなど、対処をしてほしいと願っているところです。

 

家族でも指摘しづらい……ならばやんわりと伝えてみよう

加齢臭は衣類や枕にこびりつくイメージがありますが、さらに強くなると部屋中に臭いが漂ってきます。
そして、本人は鼻が慣れてしまっていて、気づいていない事も多いのです。
しかし、四六時中嗅いでいるわけではない人にはわかります。

確かに、同じ屋根の下に住む家族であっても、体臭の指摘はしづらいものです。
ストレートに指摘するのではなく、遠回しにやんわり伝えてみると良いかもしれません。
たとえば、「今、これが流行ってるらしいよ」と言って、体臭対策アイテムとして人気の石鹸を勧めてみるなどです。

電車の中ほど体臭が気になる

人によっては毎日のように利用するであろう電車ですが、その個室感ゆえに他人の体臭が気になってしまうということが多々あります。

photo

例えば満員電車で隣り合った人の口臭です。
ぎゅうぎゅう詰めですので身動きが取れず、回避するのは至難の業で正直つらいですよね。
鼻呼吸をしてくれればよいのですが、それを言う訳にもいかず、顔を背けるという対策が精一杯でした。

そこまで混んでいないといった電車でも体臭が気になったことがありました。
こちらが座っている席が一番端っこだったので、ドア付近に立つ方は自然と側に寄りかかるような具合になりますよね。
そうなるとこちらとの距離はだいぶ近いので臭いがしてきてしまうのです。
しかもそれが失礼ながらも強烈で、いわゆるワキガの臭いでした。

他の車両に移るのも露骨過ぎて失礼かと思ったし、本人も気にしていたら傷つけてしまうかもしれないと思いこらえていたのですが、ドアが開閉するたびに風が起きて臭いも拡散されるのがなかなかに辛かったです。

 

満員電車での体臭は本当に辛い……しかも解決策がない!

通勤時の満員電車、本当に辛いですよね。
ただでさえすし詰め状態になって密着するのも辛いのに、周りの人の体臭が漂ってくると厳しいものがあります。
季節問わず辛いですが、気温・湿度共に高い梅雨~夏は特にきついものです。

ごく親しい家族などでも指摘しづらい体臭は、見知らぬ他人が相手だとなおさら言いにくいでしょう。
あからさまに態度に出すのも考え物ですし、だからといってそのまま我慢し続けるのも限界があります。
解決方法が存在しないのが、満員電車での臭いの一番辛いところではないでしょうか。

気になる脇汗の対処法

私は脇汗が気になっています。
自分はもしかしたら、臭っているのではないのかという思いが拭えきれないのです。
以前はそうでもなかったのですが、中学校に入ったあたりから急に気になり始めました。

もともとワキガ体質である事は気づいてますが、自分の体臭というのは自分では知ることはできません。
しかし、気になって脇ら辺を嗅いでみると、臭うのです。
そのため、他の人にもその臭いが分かるのではないのかなと考えるのです。
どんなに親しい人でもさすがに臭っているよなどと真正面から伝えてくる人はいないのであくまでも推測ではあるのですが。

photo

臭っているのかもしれないというのを放置しておくのも嫌なのでこれまで色々な制汗スプレーを試しました。
香り付きや無香料、どれも汗で流れてしまう感じで持続性はなかったような気がします。
それに加え、香り付きは臭いと混じってしまい、自分まで気持ち悪くなってしまいました。
そのようなわけで今は制汗スプレーは使っていません。

その代わり、食事に気を使っています。
今までかなり好き嫌いが多く、偏食家で野菜などはほとんど摂りませんでしたが最近はかなり積極的に食べるように心がけています。
自分が食べるものが体臭にも影響するらしいのでこれからも気をつけていきたいと思っています。

 

汗のケアも大切……元を断つ事も検討してみては?

汗そのものは無臭ですが、放置すればするほど雑菌が繁殖し、悪臭を放つようになります。
もし汗をかきやすいのであれば、こまめに拭くようにしてみてください。
肌が乾燥しすぎると、潤そうとして余計に汗が出てきますので、可能であればある程度水分を含んだタオルなどが効果的です。
しかし、タオル自体に雑菌が繁殖して臭ってしまう事もあるので注意しましょう。

食事に気を遣うのも効果的ですね。
栄養バランスの偏りによって体臭が起こる事もありますので、毎日の食事内容を見直す事は非常に大切です。

そして、「中学校に入ったあたりから~」とありますが、これはまったく珍しくないケースです。
中学生の年齢くらいから、体がどんどん成長していき、必然的に汗腺なども成長していきます。
「以前はそうでもなかったのに、急にワキガになった!」という体験談は非常に多いですよ。

大人なら問題なくできるであろうワキガ手術も、中学生となるとためらってしまいますよね。
中学生のワキガ治療について、以下のサイトでも紹介していますので、興味があれば参考にしてみてください。
中学生ワキガ.com

口臭が気になり仕事がスムーズにできません

朝起きた時の口臭がムワっとひどくて悩んでいます。
接客業をしているのですが、口臭があるとわかっているので、あまりお客様に顔を近づけないようにしたりするのですが、そうするとスムーズに仕事をすることができないので困っています。

photo

以前はこんなに口臭が気にならなかったのに、何が原因だろうか?と調べています。
虫歯が原因かもしれないと思い、今は歯科医院に通っていますが、胃の調子も悪いので、胃が原因なのかなとも思い、かなり不安な毎日を送っています。

毎日しっかりと歯磨きをしているのですが、2〜3時間するとだんだん口臭が気になるようになりますし、他の人に私の口臭のせいで、不快な思いをさせていないかとても気になっています。
誰かに聞いてみたいのですが、恥ずかしくて聞けません。
マスクをするとすごく口が臭くてびっくりします。

口臭サプリメントというものが気になりますが、まずは虫歯を治してそれでも口臭がするなら、飲んでみようと考えています。

 

体調不良も口臭の原因になりうる

確かに、接客業だと口臭など自分の体臭が気になるのも無理はありません。

寝起きに口臭が強くなるのは、就寝時に口の中が乾燥気味になり、雑菌が繁殖しやすくなるためです。
大抵は歯磨きで解決できるのですが、普段から口臭を認識しているとなると、別の原因が考えられます。

胃の不調が口臭の原因になっている事は、十分に考えられます。
体調の悪化が口臭に繋がる事は珍しくありませんので、虫歯と同時にケアしてみてはいかがでしょうか?
サプリメントに頼るのは、その後でも十分です。

子供達の足が臭くてまいっています

幼稚園と小学生の子供がいるのですが、ものすごく足が臭いです。
家に帰ってくるとすぐに靴下を脱ぐのですが、隣に座っているだけでもわっととてもクサイ臭いがしてきます。

photo

帰宅後はすぐに浴室で足を洗ってもらうのですが、子供たちは遊びたいので毎日洗うことが面倒臭くて嫌なようです。
でも洗わないと臭くて一緒にいられません。
靴も臭いので頻繁に洗うようにしていますが、靴を洗うのはとても大変なんですよね。

今まで足の臭いでここまで悩んだことがなく、子供だから足が臭いのか、うちの子が特別足が臭いのかとすごく悩んでいます。
子どもたちの足を洗っても、やっぱりなんだか臭いような気がして嫌になります。
最近このことばかり考えて、イライラしています。

靴専用の消臭スプレーを使ったり、靴を増やして毎日同じ靴を履かないようにしたり、垢がたまらないように爪をきちんと切ったりなど工夫して過ごしているのですが、なかなか解決できない悩みなんですよね。

 

子どもの足の臭いは健康の証でもある

「まだ幼いのに足が臭いなんて……」と驚く人も居る事でしょう。
しかし、小学生だとか幼稚園児などの幼いお子さんでも、足が臭いという事は珍しくありません。

なぜ臭うのかというと、子どもならではの新陳代謝の良さが原因です。
つまり汗をかきやすいので、必然的に雑菌が繁殖しやすくなります。
そのままの状態で数時間経過すると……もうおわかりですよね。

解決方法ですが、やはり現在のように足をよく洗うとか、爪を伸ばさないようにするなどの対処法になります。
新陳代謝が良いのは決して悪い事ではありませんので、前向きに捉えましょう。