きっと私は匂いフェチだと思います。

これは、私の娘が6ヶ月の時に気管支炎になり入院していた時の話です。

当時は冬でインフルエンザの患者さんが内科に沢山入院していたのですが、余りにも幼い赤ちゃんが気管支炎になったという事で、インフルエンザの患者さんから離してくださいました。
通常は内科小児科の病室になるんですが、病院の配慮から整形外科の病室の個室部屋を用意して頂けました。

ところが、お世話になった若い看護婦さんのワキガが凄く臭いのです。
冬でもワキ汗が凄く滲んでいて、「お仕事頑張ってるんだなぁ」と思う位、汗を凄くかいてました。

娘は半年と幼い為、母親の私は24時間付きっきりでした。
ただ、睡眠中も、その看護婦さんが来ると分かる位の臭いでした。

photo

それまで私はワキ汗・ワキガを気にした事はありませんでしたが、臭いもエチケットの一つなんだと思いました。
40代になり、男女共に加齢臭も気にしなくては駄目な歳だと思います。
食べ物や飲み物、少しでも気をつけて治せるものならと思い頑張っています。

臭いは自分では気づけない物です。
まして他人には言えません。
だから普段から主人とお互いの臭いは言うようにしています。

 

体臭は気になっても言いづらい

基本的に汗そのものは無臭ですが、睡眠中でも臭いに気付く程となると、臭いの正体は汗だけではなかったのでしょう。
おそらく、もともと汗をかきやすい体質な上に、わきがでもあった可能性があります。

投稿者の方に限らず、相手の体臭についてはなかなか指摘しづらいものです。
また、自分ではわかっていても、急に体質を変える事はほぼ不可能でしょう。
普段の食生活や生活習慣を改善していく事で、少しずつ効果が表れてきます。

老若男女問わず、体臭対策は必要である事を実感させられます。

友達からタオルを借りたら臭ってしまった

私は週末、サッカーをしていました。
友達5人くらいと町の体育館を借りてフットサルをしていました。

2時間ほどフットサルをした後、汗をかいたので着替えることにしました。
その際に私はタオルを忘れてしまったことに気づきました。
私はどうしようかと迷っていると友達の一人が「タオルを貸してあげようか」と気を遣って言ってきてくれました。
私は持っていなかったのでタオルを借りて汗をかいた顔を拭いていました。

photo

しかし、その拭いていたタオルが臭ってきました。
そして、その友達の汗もとても臭いました。
その友達が隣に来ただけで臭ってくるので、どうしようと迷いました。

しかし、結局その友達に言うことが出来ませんでした。
言ったら相手が傷つくかもしれない、落ち込むかもしれないと多くのことを頭の中で考えていました。
家族ならば何でも話せる仲なので良いのですが、友達だと気まづい感じになると思ったのでその友達から借りたタオルと友達の汗が臭っているということは言わないことにしました。
もしかしたらその他の友達も気づいていたのかもしれません。

 

臭いに関する話題は要注意

臭いが気になる事は多々あるでしょうが、少なくともその時点で言わなかったのは正しい判断です。
厚意で貸してくれたという事もありますが、汗の臭いに関する話題は、敏感になってしまう人が多いものです。
少しでも不安になるのであれば、無闇に話題を出さないのがベストです。

厳密に言うと、汗そのものに臭いはありません。
汗と雑菌が混ざる事により、悪臭を放つようになります。
また、汗ではなく体臭そのものが原因の可能性もあります。
いずれにせよ、臭いに関する話題は出しにくいものですね。

余談ですが、感染症予防の観点から、タオルの貸し借り自体がお勧めできません。

口臭のきつかった上司から学ぶことがありました

ある程度近しい人とは近い距離にいるので、体臭が気になるのはお互い様かなとも思い出来るだけ普段から人の体臭には反応しないようにしています。

とはいえやはり強い臭いはどうしても気になってしまうものです。
私の上司の口臭が気になった時は、本当に気を使いました。
上司の場合は年齢的にも大先輩であり、ちょうど歯の治療をしてたようでしょっちゅう薬のような臭いや独特の口臭がありました。
様々な事を口頭で伝えられるため、しっかり聞き取ろうとするとやはりそれなりに近くに行かなければいけませんし、もちろん距離を取って上司と話をするというのは失礼です。

photo

上司としても自分の口臭が気になる時があるのか、マスクをしたり口を手で覆ったりしていたので余計に気を使ってしまいました。

今後は私も同じように歳を重ねた時に口臭の問題に直面することも想定し、日頃から口内環境には気を使わなければいけないなと思わされました。
これは上司がいなければ気付かなかったことでもあるので、感謝したいと思います。

 

口臭は2種類あるが、どちらも対処可能

歯の治療中だった事は、口臭の原因として考えられるケースです。
口臭の原因は2つに大別されており、飲食などが原因で起こる「生理的口臭」と、今回の上司のように歯の異常や病気などが原因で起こる「病的口臭」があります。

仮に虫歯であったとすると、歯の病変部分に雑菌が繁殖し、それが口臭の原因となっていた可能性があります。
治療時に使われる薬品の臭いと混ざると、確かにかなりつらい臭いになるかもしれません。

ただ、生理的口臭にせよ病的口臭にせよ、対処法はあるので安心してくださいね。

脇汗の匂いが気になり困っていること

夏風邪をひいてしまったのか、数日間お腹を壊すことがありました。
その時に頻繁に着替えていたつもりなのですが、思った以上に汗をかいていました。

少し体調が良くなってきた時に、おもむろにパソコンで作業しようと思ったのですが、脇の下がとても汗をかいていたので、そこに少し触れてみたのです。
そして臭いを嗅いで見ると、玉ねぎが腐敗したような、どうにもならない匂いがしていたのです。

attractive girl is disgusted by her sweaty armpits

私は自分にこのような匂いがしているのに非常にショックを覚え、慌ててお風呂に入りました。
よく考えてみると、同じTシャツを何回も着用していた時に、同じような匂いがしてきたことがありました。
こんな匂いを人に嗅がれてしまっては、恥ずかしくてどうしようもないと思ったのです。

それからはこまめに体を拭き取ったり事前に制汗剤をつけるようにもしていますが、あの匂いがもし、他人に嗅がれてしまったらと思うと不安でたまりません。
何とかして、あの匂いの原因を元から断ちたいですし、対策があればそれをやってみたいとも思っています。

 

腋汗の臭いを抑えるコツがある

誤解されがちなのですが、汗自体は無臭です。
汗と混ざった雑菌が時間経過と共に増殖し、それが臭いの原因となるのです。

対策方法としては、やはり現在のように汗を拭き取る事や、制汗剤などを使う事になります。
ただし、ちょっとしたコツがあります。

汗を拭く時は、水で濡らした後に固く絞ったタオルを使いましょう。
乾いたタオルは肌の表面の水分を全て吸収するため、肌を潤すために次の汗が出てきます。
無限ループを避けるためにも、なるべく水分を含んだタオルで拭くようにしましょう。

制汗剤の選び方・使い方もポイントです。
まず、臭いのタイプを知る事。
単なる汗なのか、汗よりもわきがの傾向が強いかなどで、向いている制汗剤が変わります。
使用時は、くれぐれも頻繁につけすぎないように。逆効果になるケースもあります。

私の加齢臭対策は、柿のさち石鹸です。

私も40代半ばとなり自分の体臭の変化が、気になるようになってきました。
着ていた洋服の首の裏側からおじさんのような臭いがして、凄くテンションが下がります。
この嫌な臭いを何とかしたいと思いネットを見ていたら、柿のさち石鹸を見つけました。

消臭効果が高い柿タンニンやその他植物エキスがギュッと凝縮された石鹸なので、効果が期待できそうです。
初回購入ですと割安になるので今がチャンスだと思い、1つ注文をしてみる事にしました。

柿のさち石鹸を付属の泡立てネットを使用しながら泡立て始めると、直ぐにクリーミィな泡がたっぷりと出来上がりました。
泡を手に取り全身を優しくマッサージするように洗い、一番臭いが気になる首の後ろは2度洗いしました。

洗い上がりの肌はすべすべで、つっぱり感が無いのが良いですね。
柿のさち石鹸を使用するようになってからは、首の後ろの臭いが気にならなくなったので、大変喜んでいます。
確かな効果を実感する事が出来たので、これからもリピートして行くつもりです。